セミナー案内

トップ | セミナー案内

スポーツテーピング資格認定講座(日本運動療法士協会主催)

テーピング講座の開催日程が確定いたしましたので報告いたします。
興味のある方は、御気軽にお問い合わせくださいませ^^
~2級資格認定講座~
8月31日(火)10:00~14:00  受講対象:3級資格保有者
                        定員:10名

定員になり次第締め切らせていただきます。



1級を取得しますと、
3級の資格認定講座の主任講師を務めることが出来ます。




相模大野オアシスにおいて
日本運動療法士協会主催
スポーツテーピングサブトレーナー(3級)講座を開催いたします。
この講座は、1日でテーピングサブトレーナーの資格が取る事が可能です。


日本運動療法士協会では、テーピングを勉強したいという団体や治療院などにテーピング指導員を派遣し資格認定講座を各地で開催する企画をしており、その立ち上げとしてオアシス相模大野にて開催する事となりました。
会長の各務渡が主任講師を務める予定です。


テーピングの技術を
3級(サブトレーナー)
2級(トレーナー)
1級(チーフトレーナー)
指導員(マスター)

と技術ごとにクラス分けすることで、スキルに応じた協会認定資格を獲得することが可能になりました。
クラス分けする事により、施術者とテープを貼ってもらう人が共に明確なスキルが解りやすいのも特徴です。


この講座は、日本運動療法士協会会長が自身のアスリートとしての経験と体育学・整体学・カイロプラティック理論等を凝縮し、トップアスリートから登山などのスポーツ愛好家の方まで幅広くサポートすることを目的に開発した独自のテーピング法で、手軽に貼れるのが特徴です。

その他の特徴として、ただしい圧を加えることにより
1)関節可動域が広がる
2)怪我からの早期回復
3)筋力アップ
・・・・・などが挙げられます。


この講座に使われるテキストには、オリンピック金メダリストやワールドカップメダリストの他、有名トレーナーや柔道整復師の諸先生方も多数推薦していただいております。


~講師紹介~
各務 渡  日本運動療法士協会会長     国民体育大会体操・個人総合1位
 体操選手時代に両足首及び靭帯及び左肘内側側副靭帯・指の靭帯など
10本以上の靭帯を断裂・損傷。その後リハビリ・トレーニング・テーピングを追及し、
手術する事なく国民体育大会では個人総合1位を獲得。
体育学・整体学・運動力学などを統合したテーピング法を開発。
2001年に独立開業し、自身の経験を生かした独自の手技療法でスポーツ愛好家から各種プロスポーツ選手まで、幅広くコンディショニング施療を行っている。
 

スポーツテーピング資格認定講座

オアシス相模大野で不定期に開催されている

『スポーツテーピング資格認定講座』についての詳細

 

主催 日本運動療法士協会
日本健康サポート協同組合(厚生労働大臣認可/医政第1201001号) 認証

全く新しい新理論! 巻く事で筋力アップ!

関節を固定するだけではなく、関節に正常な圧を加えることで可動域が広がる症例もあります。 人体は、血液循環や神経伝達など、運動によって維持・回復されている部分が多くあります。正しい運動領域の確保と怪我からの早期復帰を促します。 怪我により筋力が低下している場合などは、筋肉をサポートすることで筋力アップさせる事も可能です。

新理論及び実績により、日本運動療法士協会主催 スポーツテーピング講座(3級)は、多数の治療家・教員・トップアスリートの方々から推薦をいただいております。

網野 悟柔道整復師・鍼灸師。あみの整骨院 院長
あみの整骨院 大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-3 大阪珈琲貿易ビル6F
TEL:(06)4305-2226
石澤 裕人救命救急病院に柔道整復師として3年間勤務後、南多摩接骨院を開業。
南多摩接骨院 東京都稲城市大丸1035-1 サンリットプレイス1階
TEL: (042)379-1196
URL: http://gym.natsu.gs/Hospital/index.html
今井 聖晃体操競技オリンピック大会現地同行トレーナー。
バルセロナ大会(男子3位)・アテネ大会(男子金メダル)・北京大会(男子銀メダル)・アトランタ大会(女子に同行)その他、世界選手権等に多数同行。
栗原 茂1996 アトランタオリンピック 日本代表
1997 世界選手権 団体総合4位
1997 全日本選手権 個人総合3位・つり輪優勝
1997 全日本社会人選手権 個人総合優勝・つり輪優勝
1998 ワールドカップ つり輪 銅メダル
TAKA(長坂貴之)

『Bugs Under Groove』 サブリーダー
1993年ニューヨークへダンス留学。その後、鈴木亜美・MAX・V6・嵐コンサートツアーや数多くのイベントで振り付けやダンサーを経験。
また赤坂ACTシアター『フットルース』や『ラヴィ』等、舞台にも出演。ステージで見せるアクロバットは定評。
米米CLUBの復活ツアー参加やNHK番組『トップランナー』の出演も果たす。

公式ホームページより抜粋
Official WebSite: http://www.bugs-under-groove.com/profile/index.html

 

知念 孝日本セラピスト認定協会特別顧問・日本運動療法士協会特別顧問
現役時代は体操選手として、全日本社会人大会において個人総合四連覇
バルセロナオリンピック大会の男子チーム主将として銅メダルに導く。
その後、選手育成を経てトレーナーとして活躍。上記協会の特別顧問に就任。
中山 彰規中京大学 教授  2005年に国際体操殿堂入り  2005年春の褒章で紫綬褒章を受章
オリンピック金メダリスト。合計で10個のオリンピックメダルを獲得。そのうち6個は金メダル。世界選手権では7個の金メダルを含む通産12個のメダルを獲得。全日本選手権では個人総合4回優勝を誇る。
1968年メキシコオリンピック団体総合金メダル・つり輪金メダル・平行棒金メダル・鉄棒金メダル・床銀メダル・個人総合銅メダル
1972年ミュンヘンオリンピック団体総合金メダル・つり輪金メダル・床銀メダル・個人総合銅メダル
つり輪と鉄棒において、自身の名前を冠した技「ナカヤマ (Nakayama) 」がある。
増田 憲治社団法人埼玉県柔道整復師協会役員。草加八潮支部総務部長。柔道整復師・鍼灸師。ひまわり接骨院を埼玉県草加市にて開業。
ひまわり接骨院 埼玉県草加市八幡町607-4
TEL: 048-935-0970
増田 宏正1994 アジア大会 団体総合銅メダル
1995 ユニバーシアード大会 団体総合金メダル ゆか2位・つり輪3位
1995  鯖江世界選手権 団体総合銀メダル
1996 全日本社会人選手権 個人総合2位
水島 宏一東京学芸大学准教授
1988 ソウルオリンピックで団体銅メダルに導き、数々の国際大会で活躍。国内の主要な大会を数々制覇。
1986・1987 全日本学生選手権 個人総合優勝(2連覇)
1986・1987 全日本選手権 個人総合優勝(2連覇)
1987  NHK杯 個人総合優勝
1988 全日本社会人選手権 個人総合優勝