相模大野スタッフブログ

トップ | 相模大野スタッフブログ

『水・お茶』を正しく飲めば体質が変わる!2

前回の続きで、今回は 『お茶』 です。

 

  ~ 緑茶を飲んで病気知らずの体づくり ~

お茶の成分、テアニンやカテキンが健康に良いことは有名です。

それらを効果的に摂取する為には・・・

緑茶は抗酸化作用があり、免疫力も高めてくれます。

日常的に飲んで太らない病気にならない体作りを目指しましょう。

 

  ~ お茶に含まれる成分の働き ~

◎ カテキン・・・脂肪燃焼酵素を活性化させる。

◎ カフェイン・・・血行を促し、肥満予防にも効果大。

◎ テアニン・・・脳のα波を増やしてくれるリラックス成分。

 

  ~ お茶の三大効果 ~

◎ 脂を出してダイエットに役立つ・・・カテキンの皮下脂肪や内臓脂肪を少なくさせる働きと

   カフェインの新陳代謝アップ作用。運動の前にお茶を飲むと、カフェインの効果で体脂肪が

      消費されやすくなるそうです。

◎ テアニンの効果でストレス対策・・・テアニンには脳の神経を鎮めてくれる効果があるそうです。

   ストレスに影響されやすい女性ホルモンを整えるのにも有効。就寝前に飲むのもよいでしょう。

◎ 抗酸化作用でシミ・シワにも効果・・・ビタミンA・C・Eが豊富に含まれるお茶には、美白効果をはじめ

   保湿効果や老化防止効果もあり、シミ・シワにも有効です。お茶をいれた後の茶葉を食べるのも◎

 

  ~ お茶の上手な飲み方 ~

◎ 水出しのお茶・・・茶葉を冷やした水に入れ、冷蔵庫の中で15分~20分おく。

   低温でいれるとアミノ酸やテアニンが抽出されるので、甘みがありリラックス効果が得られます。

◎ ぬるま湯出しのお茶・・・水出しで使った茶葉に40度程度のゆるめのお湯をいれる。

   テアニンの他にカテキンが抽出され、甘みと渋みが混ざり合った味が楽しめます。

   ぬるま湯で出したお茶は、虫歯や生活習慣病の予防にも効果があります。

◎ 熱湯出しのお茶・・・熱湯で出したお茶にはカフェインが抽出され、しっかりとした渋みが味わえます。

   頭をすっきりさせたいときや、むくみの解消にも効果的です。

 

お茶に含まれる成分には体に良い物が多いので、毎日積極的に飲むようにしたいですね。

 


オアシス | 2010.08.05 | PermaLink

『水・お茶』を正しく飲めば体質が変わる!

暑さの厳しいこの季節、冷たい水やお茶が手放せなくなってませんか?

そこで、飲み方を少し変えるだけでキレイになれる手軽な体質改善法を紹介します。

 

~ 水に含まれるミネラルの働き ~

マグネシウム・・・神経の興奮を鎮めたり、骨の形成を助ける。

カルシウム・・・不足するとイライラの原因になったり自律神経の興奮が鎮められなくなる。

ナトリウム・・・神経や筋肉を正常に働かせる成分、足りなくなるとむくみの原因にもなる。

カリウム・・・余分なナトリウムを排出して血圧を下げる。

 

人体の多くは水分で構成され、成人で約65%~70%、老人で約55%の比率となっています。

成人は1日に約2.5Lの水分を汗や尿、呼気などで排出し、同じ量を飲食は体内生成で補給しています。

単純計算では体重が60kgの人は約24日間で体内水分が入れ替わるということになります。

つまり、身体の大部分を構成している水分の量や種類を変えば当然身体への効果は大きいと考えられます。

 

~ 水の大きな効果 ~

◎ インスリンの異常を改善して肥満を防ぐ。

◎ 老廃物を排出。

◎ 満腹中枢を刺激して空腹感を抑える。

~ 上手な飲み方 ~

◎ 1日1.5L~2L飲むと良い。

◎ 冷たくしすぎない。

◎ こまめに飲むことがポイント。

 

 

いずれにしても、毎日飲み続けることが大切です。

これまで飲んでいた甘いドリンクやジュースを水に変えるだけでも体質の改善は期待できるはずです。

人体にとって重要な水分を上手に摂取して健康的な毎日を送りましょう!

 

次回は「お茶」です。


オアシス | 2010.07.31 | PermaLink

今日はいい天気になりました

雨だったのにびっくりですね。


オアシス | 2010.07.30 | PermaLink

日々の日記

blog更新します


皮革工房Aki | 2009.12.12 | PermaLink
2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ